【バス釣り】シーバスロッドで80m先のキャロの当たりはわかりますか?

LINEで送る
Pocket

17 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/14(火) 22:16:17.25
お気軽に次の質問どうぞー

20 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/14(火) 22:18:05.04
>>17
シーバスロッドで80m先のキャロの当たりはわかりますか?







:スポンサードリンク




46 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/14(火) 22:35:10.13
>>20
PEラインでラインのテンションを張っていれば大抵の当たりはわかります。
例えば、モロコの小さい当たりはわかりませんが、バスが咥え込んだ当たりは十分にわかります。

805 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/26(日) 12:00:28.96
スピニングタックルでPEラインを使ってるけど、風に流されるため、
風のある日は正確なキャストがしにくいです。
(メインタックルはベイトだったけど、最近スピニングをやり始めている)

風の影響を減らすためには、フロロとナイロン、どちらがおすすめでしょうか?

ちなみにシマノのアルテグラC2000HGSです。
浅溝なのであまりラインは負けませんが、そこそこ強さも確保したい場合、
どんなラインを何m巻くのがいいでしょうか?

806 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/26(日) 12:17:02.70
>>805
フロロ
価格はナイロンより少し高いけど、PEより落ちるけどナイロンに比べれば感度はそれなりに良い
ナイロンよりも少し比重があるから、ナイロンよりもライン自体が沈みやすく水なじみも良い
ナイロンのように太陽光(紫外線)による劣化もないからナイロンほど頻繁に巻き替えなくてもいい
欠点は、ライン自体が硬いからPEよりもかなり張りがあるために意図せずスプールから過剰にラインが出ていくバックラッシュが起こりやすい
また、ヨレが蓄積するとトラブルになりやすい(PEよりもはるかにトラブルになりやすい)
でもこの欠点は、釣行直前にリールへラインを巻いたりせず、数日前に巻いておいて巻き癖をつけておく、ヨレが蓄積してきたらロングキャスト&高速回収を繰り返してヨレを取っておく、こうすればトラブルは防げる

808 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/26(日) 12:19:12.29
>>805
直接の風の影響という点ではナイロンの方が僅かに大きいが
ナイロンの方が最終的なトラブルは圧倒的に少ないぞ
風がふいてる状況でどうせ飛距離は期待できないのだから
なるべく太いのを少なめに巻くだけだ

810 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/26(日) 12:51:18.11
>>808
追い風

807 : アウトドアな名無しさん : 2015/07/26(日) 12:17:10.73
ワームならフロロで8分目
巻物はナイロンで9分目~MAX

引用元 http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/bass/1436878565/

バス釣り質問スレ その3


スポンサードリンク






↓↓↓この記事をシェアする↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加