アウトドアまとめ

| アウトドア趣味系2chまとめブログを中心に冬はスキー,スノーボード,温泉、夏は山,海,キャンプ,登山,サーフィン,ダイビング,釣り,自転車,サイクリングなどの役立つ情報を集めた2chまとめブログ。アウトドアブランドの情報もまとめています。

    2017年11月

    1: アウトドア名無しさん 2017/11/25(土) 11:53:16.11 ID:UDH5Y/2Y
    a62759d38da90102b58a8234843f8de9_t
    ショック!
    超ショック!
    顔面麻痺するくらいショック!
    700Cトランスファーかましたマウンテンバイコから
    エントリー(初心者ぁ)ロード買って乗ったんだけれど
    巡行も最高速度も何も変わらない
    マジで!マジで!マジでええええええええええええええええええ?

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2017/11/24(金) 16:34:19.36 ID:CAP_USER9
    http://yomiuri.co.jp/science/20171123-OYT1T50060.html

     【サン・ペドロ・デ・アタカマ(チリ北部)=野依英治】南米チリの高地で日米欧などが共同運用する世界最高性能の電波望遠鏡「ALMAアルマ」が22日午後(日本時間23日早朝)、日本の報道関係者らに公開された。

     この10月には可動式パラボラアンテナ66台を差し渡し約16キロ・メートルの範囲に配置し、全体が1基の望遠鏡として最大口径となった状態での初観測が行われた。

     アルマ望遠鏡のある標高約5000メートルのアタカマ砂漠は晴天率が高いうえ、降雨が少なく乾燥しており、電波の観測に最適という。日米欧が約1000億円を投じて建設、日本は約4分の1を負担した。2013年の本格稼働以降、性能を引き出すための調整を重ね、最近では300キロ・メートル以上先の1円玉を識別できる性能に達した。

    (ここまで340文字 / 残り141文字)

    no title

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2017/11/23(木) 07:31:31.20 ID:CAP_USER9
    http://kyoto-np.jp/politics/article/20171121000169
     滋賀県の三日月大造知事は21日、県庁で記者会見し、琵琶湖の活用促進に向けて、外来魚釣りやバーベキューなどレジャー利用の有料化を検討していく考えを明らかにした。地域資源の利用に対する経費負担について県は本年度、他府県の事例調査を進めており、三日月知事は「何か協力してもらえる仕組みがつくれないか。結果を受けて検討したい」と述べ、幅広く実現の可能性を探る方針だ。

     県は琵琶湖保全再生法に基づく計画の策定を受けて7月、琵琶湖の活用推進を議論する有識者会議を設置し、琵琶湖との関わりや経費負担の仕組みづくりについて検討を始めた。滋賀大に国内外の地域資源の活用や有料化の事例を調査依頼しており、県は年度内に方向性をまとめる方針だ。

     県によると、山梨県の河口湖では富士河口湖町が釣り人から遊漁税を徴収。岐阜県は乗鞍高原の環境保全のため車利用者に課税している。山梨県と静岡県などは富士山の登山者から安全対策を図るため協力金(入山料)を任意で徴収するなど、さまざまな負担の形があるという。

     有識者会議では他府県の事例を踏まえ、湖上スポーツやエコツーリズムなど琵琶湖に親しむ具体的な機会づくりを検討する一方、利用による環境負荷を抑える工夫として外来魚釣りやバーベキュー、プレジャーボート、28カ所の湖岸公園の利用などについて経費負担の在り方を検討する。

     県は過去に2度、プレジャーボートを対象にした「湖面利用税」と「琵琶湖レジャー利用税」の導入を検討したが、納税者の特定の困難さや膨大な徴収コストを理由に断念している。

     県は「琵琶湖の活用を進めるには適正な負担を求めることも必要だ。活用の在り方を全体的に見直す機会にしたい」としている。

    2017年11月21日 22時09分配信
    no title

    【 続きを読む 】