アウトドアまとめ

アウトドアをテーマにしたまとめサイト。登山、キャンプ、BBQ、釣りにサイクリング、旅行からドライブをはじめ、ウィンタースポーツのスキー、スノーボード、ウオータースポーツのサーフィン、ダイビングまで、アウトドアのお役に立ちそうなスレッドをまとめています。

    カテゴリ: 登山・ハイキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/05/18(月) 23:43:17.169 ID:jAhoKi7x0
    mount_everest
    落ちそう道なら通らなければいいじゃん!!

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/05/15(金) 16:06:55.41 ID:WQ8PiWVR9
    fujisan_shikaku
    山梨県は15日、富士山登山者の約6割が利用する登山道「吉田ルート」を、本来の山開きである7月1日から冬季閉鎖前の9月10日まで通行止めにすると発表した。

    静岡県側の富士宮ルート、御殿場ルート、須走ルートも追随する可能性が高く、富士山が「閉鎖」された場合、噴火などを除いて歴史上初めてとみられる。

    https://www.sankei.com/life/news/200515/lif2005150052-n1.html

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/05/12(火) 19:36:41.817 ID:EFLPrWUw0
    yamanobori_man
    最近登山しだしてネットでコンパスと地図の使い方見たけど、これどこでどんな状況で使うん?

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/05/03(日) 12:18:21.54 ID:AoxSzzNx0● BE:135853815-PLT(13000)
    jitakutaiki_stayhome
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    登山など自粛呼びかけで設置の林道の鍵壊される 東京 奥多摩町

    東京 奥多摩町が釣りや登山に来るのを控えてもらうため、林道に設置した鎖の鍵が壊され、バリケードが撤去されていたことが分かりました。町は警察に被害届を出す方針で、改めて訪問を控えるよう呼びかけています。

    奥多摩町によりますと、町内のキャンプ場や観光施設は休業が続いていますが、東京都の「ステイホーム週間」が始まった先月25日以降もキャンプやバーベキューをする人が訪れ、近くに路上駐車をしているということです。

    町民からは苦情や感染拡大を心配する声が寄せられていて、町は1日の夕方から一部の林道を閉鎖する措置をとっています。

    しかし、3日も釣りや登山をしに訪れた人の姿が見られ、町の職員が訪問を控えてほしいと声をかけていました。

    また、林道にはバリケードを設置して通行できないようにしていましたが、バリケードを固定する鎖につけられたダイヤル式の鍵が壊され、バリケードが撤去されているのが3日朝に見つかったということです。

    町は何者かが鍵を壊したものとみて、警察に被害届を出すことにしています。

    奥多摩町総務課の大串清文危機管理担当主幹は「鍵が壊されたのは非常に残念です。自然の中に来たい気持ちは分かりますが、感染拡大の防止と自粛にご協力いただきたい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200503/k10012416241000.html

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/04/29(水) 07:04:05.79 ID:JG+gTi1i0● BE:866556825-2BP(4000)
    yamanobori_man
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    北アルプスなど登山口の駐車場閉鎖へ 長野県「限りなくゼロ目指す」
    https://mainichi.jp/articles/20200428/k00/00m/040/217000c


    長野県の阿部守一知事は28日、本格的に始まるゴールデンウイークの登山客を抑制するため、北アルプスなどの主要登山口の駐車場を閉鎖するよう管理者に依頼する考えを明らかにした。
    春山シーズンは例年、県外を含む多くの登山客でにぎわうことから、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために「限りなく登山客ゼロを目指す」としている。

    25、26日に調査した結果、登山客のほぼ全員が車で訪れていたという。登山口に向かうバスやロープウエーなどの公共交通機関は全て運休しており、交通手段は車しかない状態だった。

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/04/21(火) 20:48:12.881 ID:4X80FX2y0
    tozan_picnic_family
    自粛してろよゴミども

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/04/20(月) 16:01:39.516 ID:opCkVcJAa
    yamanobori_man
    そのへんの山でも下手したら死ぬのにようやる

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/04/21(火) 14:51:51.46 ID:hpE1TzPm9
    yamanobori_man
    2020年4月21日 13時52分

    例年だと登山客が増える大型連休を前に、ことしは新型コロナウイルスの感染を各地で拡大させないために登山を自粛するよう山岳の関係団体が呼びかけています。

    これは「山岳スポーツ愛好家の皆様へ」と題して日本山岳・スポーツクライミング協会など山岳に関係する4つの団体が共同で声明を発表したものです。

    4月下旬から5月上旬の大型連休は、毎年、各地で登山客でにぎわうことから、例年、4つの団体では遭難事故の防止をこの時期に呼びかけています。

    しかし、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「今、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めて登山やクライミングをしたら、出先の人たちへの感染や愛好者自身の感染のリスクを高める。この緊急事態に対処するには、他者を思いやり、何より自身の感染防止に専心してほしい」などと記し、新型コロナウイルスの事態が収束するまでは登山を自粛するよう呼びかけています。

    日本山岳・スポーツクライミング協会の尾形好雄専務理事は「山は逃げないので理解してもらいたい。万が一にも遭難事故に遭い救助されても、新型コロナウイルスの対応でひっ迫している医療機関に迷惑をかけることになる」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200421/k10012398311000.html

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/04/20(月) 21:36:52.48 ID:z4LouKVE9
    mount_everest
    所持金尽き、帰国便は飛ばず…ヒマラヤ登山客1000人 ネパールで立ち往生
    2020/04/20 19:12AFPBB News

    【AFP=時事】所持金は底を着き、けれど帰国する術はない──ヒマラヤ山脈をトレッキング中に新型コロナウイルス危機に見舞われた外国人登山者1000人ほどが、ネパールの首都カトマンズで立ち往生している。

     欧州やロシア、中国などからの旅行者たちの冒険は、新型ウイルスの感染拡大を受けてネパール政府が3月24日に発令した封鎖措置(ロックダウン)によって突然、終わりを迎えた。登山道から救出された人々は、パンデミック(世界的な大流行)を知らされて仰天した。

    「今のところは何とかなっているが、どれだけ待てば帰国便に乗れるのか分からない。家に帰るためには問題が山積みだ」と、アンナプルナ地方滞在中にロックダウンに遭遇したロシア人のアレクサンデル・シスさんは語った。

     一方、ラトビア人のアレクサンドラ・テランジャカさんは「時々パニック状態になって、何が起きているのかと考え込んでしまう」という。

     ネパールの春は登山シーズンだ。頂上に雪を頂いた山々でのトレッキングを楽しもうと例年約15万人の登山客が訪れる。だが、先月のロックダウン発令により、隔絶された標高の高い登山道も当局によって封鎖された。1700人を超える登山客がバス停や空港まで案内され、そこからバスとチャーター機でカトマンズまで避難した。

    「ジョムソンからポカラへ空路で向かう予定だったが、全便が運休になった。2日間待って、その後バスでカトマンズに来た」とシスさん。先月29日発のロシア行きの便で帰国予定だったが、この便が離陸することはなかった。「それ以来ずっと飛行機を待っている」という。

     外国人登山者の多くは、カトマンズ市内のタメル地区で足止めされている。もともと観光客の多い同地区では今も何軒かホテルやレストランが営業を続けている。

     オーストラリアや一部欧州諸国、米国へは既に特別便が手配され、外国人4000人以上が帰国を果たした。ネパール観光庁は各国大使館の帰国便の手配を支援しており、身動きの取れなくなった旅行者たちの要望をくみ上げるため複数のソーシャルメディア上に「ネパールで立ち往生」という名のアカウントを開設している。

     しかし、婚約者と旅行中に新型コロナ危機に見舞われたテランジャカさんは、帰国の見通しが立たずにいる。「私たちの他にラトビア人はいないから、私たちだけのために飛行機は飛ばないだろう。どこか欧州行きの便に乗れたとしても、そこからラトビアへの飛行機は飛んでいない」とテランジャカさんは語った。 【翻訳編集】AFPBB

    https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3279429.html

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/04/20(月) 21:54:26.141 ID:0c9HsG280
    yamanobori_man
    あと装備もなに揃えればいいか

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 20/04/15(水)06:46:01 ID:fKL
    yamanobori_man
    登山口まで自転車で行く
    わりとマイナーな山やしええかな

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 20/04/10(金)20:42:28 ID:I20
    yamanobori_man
    (´-ω-`)

    【 続きを読む 】