アウトドアまとめ

アウトドアをテーマにしたまとめサイト。登山、キャンプ、BBQ、釣りにサイクリング、旅行からドライブをはじめ、ウィンタースポーツのスキー、スノーボード、ウオータースポーツのサーフィン、ダイビングまで、アウトドアのお役に立ちそうなスレッドをまとめています。

    カテゴリ: 登山・ハイキング

    1: アウトドア名無しさん 2018/05/24(木) 03:04:29.28 ID:KrjhtwEVd
    50ca472daa50d4ae3f6c50cbb39d8f1f_t (1)

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2018/05/22(火) 22:53:10.14 0
    no title


    登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが2018年5月21日、エベレスト下山中に遺体で発見された。35歳だった。栗城さんの公式ブログで発表された。

    死の状況については「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
    キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」という。

    自身のウェブサイトやブログでは「単独・無酸素登山」を標榜してきたが、「単独」については登山界ではベースキャンプの先は第三者のサポートを受けずに登り切ること、
    という意味を持つのに対し、栗城さんの場合は自分の荷物を自分で背負うこと、との解釈がなされている。

    事実、冒頭のブログより先んじて訃報を出した21日の現地紙「ヒマラヤ・タイムス」では、
    「シェルパ(編注:ヒマラヤ登山の案内人)4人と登頂を目指していた」と帯同者の存在を伝えていた。
    「無酸素」の定義をめぐっても、疑問の声があったことは事実だ。

    https://www.j-cast.com/2018/05/21329195.html?p=all

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2018/05/22(火) 00:08:30.17 ID:CAP_USER9
    指を9本失った登山家・栗城史多さん死去 35歳 8度目エベレスト挑戦も下山途中に
    2018年05月21日 15:14 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/21/kiji/20180521s00041000232000c.html

    栗城史多さん
    no title


    登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さんが21日、エベレスト登頂を目指している途中で死亡した。35歳。北海道出身。
    4月17日から8度目のエベレスト登頂に挑戦していたが、体調不良で下山途中だった。
    栗城さんの公式フェイスブックなどで所属事務所が遺体で発見されたことを発表した。

    栗城事務所の小林幸子氏が「このようなお知らせになり、大変申し訳ございませんが、エベレストで下山途中の栗城が遺体となり、発見されました」と報告。

    「下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
    暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことからキャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
    先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました」と経緯を明かした。

    「生きて帰ることを誓っておりましたのに、このような結果になり、大変申し訳ございません。生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、最後に執着してしまったのかもしれません」とし
    「皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。何メートル地点で発見されたかなど、これ以上の詳細が日本で分からず大変恐縮ですが、また分かり次第お知らせ申し上げます。これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました」と結んだ。

    この日午前10時、公式ブログで「(栗城中継班より)栗城は体調が悪く、7400メートル地点から下山することになりました。
    今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況が分かり次第、お知らせいたします。皆様からの応援、本当にありがとうございます」と報告されていた。

    栗城さんは大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を制覇し、8000メートル峰4座を無酸素・単独登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始めた。

    12年秋に4度目の挑戦となったエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、14年7月に中国・パキスタン国境のブロードピーク(標高8047メートル)に無酸素・単独登頂。復帰を果たした。

    この日午後4時からインターネットテレビ局「AbemaTV」でエベレスト登頂の様子が生中継される予定だったが、中止になった。

    ──────────────────

    エベレストで死亡した登山家の栗城さん、ヘリで遺体搬送
    2018年5月21日 20:40 発信地:ルクラ/ネパール AFPBB News
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175434

    エベレストで収容され、同山周辺エリアの玄関口となっているネパールのルクラへヘリで搬送された日本人登山家、栗城史多さんの遺体(2018年5月21日撮影)
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/b/1000x/img_bb0c16c751bf83f8080b2e3f43b405bd227525.jpg

    【5月21日 AFP】日本人登山家の栗城史多(Nobukazu Kuriki)さんが、世界最高峰エベレスト(Mount
    Everest)登山中に亡くなっていたことが、21日に分かった。

    エベレストで収容された栗城さんの遺体は、同山周辺エリアの玄関口となっているネパールのルクラ(Lukla)にヘリコプターで搬送され、その後首都カトマンズに飛行機で運ばれる。

    栗城さんは6年前にエベレスト登頂を目指した際、凍傷で指9本を失っていた。

    登山シーズンを迎えているエレベストで今月亡くなった登山者は、栗城さんで3人目となった。(c)AFP

    ──────────────────

    「生中継!9本の指を失った登山家・栗城史多のエベレスト8度目の挑戦」
    5月21日(月)昼4:00-夜8:00
    AbemaTV内「AbemaPremier」にて放送
    ※天候や体調により延期の可能性あり
    https://abema.tv/channels/special-plus-3/slots/Beom9iV63PLQko

    登山家・栗城史多のエベレストへの挑戦をAbemaTVが生中継!
    https://news.walkerplus.com/article/147301/835017_615.jpg

    ★1がたった時間:2018/05/21(月) 13:02:22.51
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526910613/

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2018/05/16(水) 00:17:55.624 ID:NywNlm0l0
    e83cec90efc5331036d1dbdbd2ef093d_t
    仲間が滑落かなんかで瀕死の状態に陥ってさ、
    でも主人公は大した手助けもできず見守り続けることくらいしかできないんだよ
    で、そのうちそいつが息絶え絶えに「水がほしい……」とか言い出し始めてさ、
    でも手持ちの水がないから、主人公は危険を犯して水を取りに行くんだよ
    それでようやく水を手に入れて仲間に水を飲ませようとするんだけど、
    タッチの差で救助隊が現れて、主人公が持ってきた水を払いのけて台無しになるんだよ
    「何てことをするんだ!」と当然主人公は激高するんだけど、救助隊は冷静に
    「こいつは何たら症にかかっていて、この状態で水を飲ませると最悪死に至る」とか説明すんの

    この場面だけ印象に残ってるんだけどなんて漫画か知らない?

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2018/05/13(日) 17:07:44.06 ID:CAP_USER9
    2ebb063d58eaf5fa675ca240430a92eb_t
    青森県警 遭難者による登山届は昨年ゼロ 提出呼びかけ
    毎日新聞2018年5月13日 10時42分(最終更新 5月13日 10時42分)
    https://mainichi.jp/articles/20180513/k00/00e/040/143000c

     山岳遭難が発生した場合に捜索救助の大事な手がかりになる登山届。青森県内で昨年に起きた山岳遭難は34件(39人)で、一人も登山届を提出していなかったことが、県警地域課への取材で分かった。恐山や岩木山などで山開きがあり、今後、本格的な登山シーズンを迎える中、同課は「登山届の提出」や「無理のない登山」を呼びかけている。

     同課によると、昨年に発生した山岳遭難34件を目的別にみると、山菜やキノコ採りが約6割の21件、山登りなどが13件で、遭難者はいずれも登山届を提出していなかった。同課は「山菜採りなどで入山する人たちは登山届を提出しないケースが多いが、せめて家族や近所の人には行き先を告げてほしい」と話す。
     登山届は登山者の住所や氏名、連絡先のほか、登山ルートや入下山の日時などの計画を記入したもの。管轄の警察署や登山口に設置されたポストに提出する。しかし、気軽な山歩きなどでは提出しないケースもあるのが現状だ。
     県内では今年、4件の山岳遭難が発生(10日現在)。うち、むつ市では4月、登山目的で入山した仙台市の60代男性が遭難し、その後、死亡が確認されたが、むつ署には登山届の提出はなかったという。同課は「登山届は迅速な救助の手がかりになるだけでなく、自分で計画を立てることで無理な登山を控え、結果的に遭難防止にもつながると考えられる」と話している。【岩崎歩】

    【 続きを読む 】

    1: アウトドア名無しさん 2018/05/04(金) 15:55:04.870 ID:mT7bfOv5r
    0631ff78616ae06c9222bd3ff23befac_t
    FPS楽しい→銃趣味に→エアガン購入
    特殊部隊カッコいい→筋肉むきむきカッコいい→ジムに通いだし5年目
    特殊部隊カッコいい→山の行軍とかガンガンできて体力凄い→山登り趣味に

    【 続きを読む 】