アウトドアまとめ

| アウトドア趣味系2chまとめブログを中心に冬はスキー,スノーボード,温泉、夏は山,海,キャンプ,登山,サーフィン,ダイビング,釣り,自転車,サイクリングなどの役立つ情報を集めた2chまとめブログ。アウトドアブランドの情報もまとめています。

    カテゴリ: 料理・食事

    1: アウトドア名無しさん 2018/04/23(月) 00:43:53.128 ID:srQkUg660
    0ce0e9f26c5d7196100b782cc4278ed7_t
    体重の維持はできても、減量にはならない
    68kgと69kgをいったりきたりしてる

    これもう無理だろ

    【 続きを読む 】

    1 : ナス八 ★ : 2015/11/04(水) 13:35:30.82 ID:???* スイセン食べ食中毒症状 富士の家族4人 http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/167268.html
    静岡県は2日、富士市内の家族が夕食で誤ってスイセンを食べ、食中毒症状を起こしたとして有毒植物の誤食に関する危機管理情報を発表した。 衛生課によると、子供3人を含む家族4人が自宅庭に生えていたスイセンをニラと間違えて食べたという。嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え病院で受診し、現在は全員快方に向かっているという。 県は食用の野草と確実に判断できない場合は「採らない、食べない、売らない、人にあげない」の4原則を守るよう呼び掛けている。
    【 続きを読む 】

    1 : 野良ハムスター ★ : 2015/10/30(金) 09:14:20.65 ID:???*
    実りの秋は、食欲の秋。さまざまな旬の食べ物がおいしいこの季節、  シーズンを迎えているのがキノコだ。美しい形状や独特の色合いから愛好家も多いが、 秋は毒キノコによる食中毒被害がピークとなるシーズンでもある。奈良では近年、 わずかな量でも口にすれば生命にかかわる猛毒キノコ「カエンタケ」が大量発生。 発生時期や場所は、虫が媒介する菌で樹木が枯れる「ナラ枯れ」被害と重なっている との指摘もあり、関係者は注意を呼びかけている。 ■カエンタケの威力 地面から人間の指先が突き出たように生え、燃えさかる炎のような赤色を全身に帯びるキノコ。 古くからその猛毒で知られ、林野庁の担当者が「毒キノコの中で最も危険」と話す「カエンタケ」だ。 漢字では「火炎茸」、または「火焔茸」と書く。 カエンタケはニクザキン科のキノコで、長さは3~15センチ。折れたりして内部から染み出た汁が 皮膚に付着すれば炎症を起こし、誤って口にすれば約30分後には悪寒や嘔吐(おうと)、 手足のしびれなどを発症。数日後には消化器不全や脳神経障害を引き起こし、死に至ることもある。 厚生労働省によると、過去には薬用と勘違いして酒に浸して飲み、死亡した例もあるという。 このカエンタケ、近年は奈良県内で大量発生しているのが確認されている。昨年8~10月には、 生駒山山麓(同県生駒市)で100本以上、奈良市の観光名所「若草山」の頂上付近でも1本が確認された。 愛好家の仲間とともに「キノコ観察会」を開催した際、これらのカエンタケを確認した 「奈良きのこの会」の世話人、下原幸士さん(65)は「近年これほどの大量発生を見たのは初めて」 といい、関係機関に注意喚起を呼びかけた。
    wst1510300009-p1 http://www.sankei.com/west/news/151030/wst1510300009-n1.html   【 続きを読む 】