アウトドアまとめ

| アウトドア趣味系2chまとめブログを中心に冬はスキー,スノーボード,温泉、夏は山,海,キャンプ,登山,サーフィン,ダイビング,釣り,自転車,サイクリングなどの役立つ情報を集めた2chまとめブログ。アウトドアブランドの情報もまとめています。

    カテゴリ: 動物・虫・生物

    1: アウトドア名無しさん 2018/10/09(火) 13:27:12.17 ID:CAP_USER9

    bfdb577cfc7c5e46f32558eeff096830_t

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000040-asahi-soci

    鹿児島市平川町の平川動物公園で飼育していたホワイトタイガーに飼育員古庄晃さん(40)が襲われて
    死亡した事故で、9日午前に記者会見した石堂昭憲園長は「基本事項がクリアできていれば、起こらない事故」と語った。
    一方、襲ったとみられるホワイトタイガー「リク」を今後も園で飼育する考えを明らかにした。

    石堂園長によると事故当時は、飼育員がおりを掃除をしている時間帯だという。園のルールでは
    「同じ空間に人とトラが入らないようにする」ことにしており、通常の手順では「展示用のおりからトラを寝室に移動させ、
    おりと寝室の間の扉を施錠してから、おりの掃除に入る」という。

    「何らかの原因で古庄さんがトラと鉢合わせてしまった。原因については推測になってしまう」と話した。

    古庄さんが一人で作業していたことについては「一部を除いて、どの動物も一人で対応する」と説明した。

    また古庄さんの遺族から「(リクを)平川で飼育してください」と言われたことを明らかにし、殺処分せずに飼育を続ける考えを示した。


    男性を襲ったとみられるホワイトタイガーの「リク」(オス・5歳)=鹿児島市提供
    no title



    【 続きを読む 】

    1 : アンクルホールド(東日本)@\(^o^)/ : 2015/09/23(水) 01:36:18.76 ID:pI5y00FW0 BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
     家族のお出かけやデートスポットとして人気の水族館。いろいろな種類の魚たちを見ることができますが、中でも今深海魚がブームとなっているようです。 深海魚と言えば、不気味でグロテスクな印象を受けてしまいがちですが、よく見るとかわいい魚もいるのです。そこで、かわいいと思う深海魚について調査してみました。 1位クシクラゲ 15.8% relay 2位メンダコ 15.5% relay_1 3位ナメダンゴ 9.8% relay_2 4位オウムガイ 8.5% relay_3 5位チョウチンアンコウ 7.6% relay_4 6位リュウグウノツカイ 5.6% relay_5 7位ダイオウグソクムシ 5.2% relay_6 8位ダイオウイカ 4.5% relay_7 9位ギンザメ 4.3% relay_8 10位ブロブフィッシュ 3.9% relay_9
    http://ranking.goo.ne.jp/column/article/1809/ 【 続きを読む 】

    1 : @Sunset Shimmer ★ : 2015/11/06(金) 10:55:28.30 ID:ipZuhZjI* 2015.11.5 11:50
      http://livedoor.blogimg.jp/outdoormatome/imgs/4/d/4d4d78c6.jpg 秋になり、冬眠を控えたツキノワグマが餌を求めて動き回る時期になった。県によると、今秋は餌のドングリ類が豊作で、これまでの目撃情報は昨年を下回っている。 ただ、近年もクマに襲われて負傷する被害は発生しており、県は、紅葉シーズンで山に入る際の注意を呼びかけている。 県によると、今年4~9月のツキノワグマの目撃や痕跡の情報は337件。過去5年で2番目に少なく、前年同期より約130件減少した。 また、クマ出没の目安になるドングリ類を9月3~16日に調査したところ、ブナ、コナラ、ミズナラともに結実状況がよく「豊作」。県は、クマが人里に大量に出没するほど餌が不足している状況にはないと分析している。
    (続きや関連情報はソース元でご覧ください) 引用元: 産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/151105/wst1511050040-n1.html 【 続きを読む 】

    1 : 野良ハムスター ★ : 2015/11/04(水) 12:05:14.46 ID:???*
    イカは三角頭巾のある方が頭側で、こちらを上に表示した方が良いのか、あるいは逆か――。 イカが「市の魚」の北海道函館市で、ちょっとした“議論”が起きている。10日からは、イカやタコなどを研究する世界の頭足類学者の国際シンポジウムも函館で開かれる予定で、シンポを機に一般の論議も深まりそうだ。 シンポ開催が決まった後の今年4月、米ミネソタ大学の中島隆太准教授(現代芸術)が作成した大会ロゴマークの素案が、各国の学者にインターネットで回覧された。三角頭巾を上にした図案だったが、国内外の学者からは「少し違うぞ」との忠告が続出。中島さんは、一般にゲソと呼ばれる腕の部分を上にした図案に作り直した。 中島さんは「当初の図案は日本の一般的なイカのデザインを意識した」と説明。そのうえで、「今回は専門家の集まりなので正確を期すため作り直した。 結果的に見やすい優れたデザインになったと思う」と話す。 シンポ実行委員長の桜井泰憲・北海道大特任教授は「イカやタコは腕や目がある方が頭で、消化器や内臓など胴を下に描くのが我々の世界では普通。その意味で最終案がふさわしい」と話す。分類学上はイカは十腕目、タコは八腕目で、「頭足類学会」の名称を「頭腕類学会」にすべきだとの意見も一部にあるという。 今年1月に発刊された「新編世界イカ類図鑑」(東京水産大名誉教授・奥谷喬司著、東海大学出版部)も、ちょっとした驚きを与えた。日本の一般的な描き方とは「逆さま」にイカが掲載されていたからだ。発行元の全国いか加工業協同組合は「10本の腕(足)を上に、三角のヒレを下にした画像の掲載は40年前の初版からで、国際的な学術表記に合わせた」という。 一方、シンポを後援する函館市の観光PRキャラクター「イカール星人」は、三角頭巾が上の図柄だ。市農林水産部では「学術的にはゲソを上に描くのかもしれないが、三角頭巾が上の方が一般には受け取りやすい。急に見直すことはないが、同種の催しなどで表現に悩む場面が増えるかもしれない」としている。 20151103-OYT1I50033-L   「新編世界イカ類図鑑」の表紙。 イカが逆さまのように見えるが、学術の世界ではこれが標準だ(東海大学出版部提供)
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20151103-OYT1T50111.html 【 続きを読む 】