アウトドアまとめ

| アウトドア趣味系2chまとめブログを中心に冬はスキー,スノーボード,温泉、夏は山,海,キャンプ,登山,サーフィン,ダイビング,釣り,自転車,サイクリングなどの役立つ情報を集めた2chまとめブログ。アウトドアブランドの情報もまとめています。

    カテゴリ: 動物・虫・生物

    1 : 名無虫さん : 2015/08/01(土) 15:24:54.99 ID:aB5IYOlm
     でかくなりすぎて困っています。オスメス計7匹飼っています
    3mくらいになるらしいのでうちの設備では飼えなくなると思います
    殺すのも可哀想なのでどこかへ放流したいのですが、犯罪でしょうか?

     

    4 : 名無虫さん : 2015/08/01(土) 17:06:12.47 ID:???
    刺身にして食べれば良いじゃない

     

    8 : 名無虫さん : 2015/08/01(土) 19:17:41.79 ID:???
    味が濃く身の固いマダコはたこ焼きや唐揚げ、味が薄く身の柔らかいミズダコは刺身やしゃぶしゃぶ

     

    5 : 名無虫さん : 2015/08/01(土) 18:23:36.52 ID:???
    ミズダコは天然記念物でも特定外来生物でもないだろ?

    【 続きを読む 】

    1 : 孤高の旅人 ★ : 2015/08/14(金) 15:18:21.44 ID:???*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150814/k10010189641000.html

    神奈川・茅ヶ崎沖にサメ10匹 遊泳禁止に 

    8月14日 14時15分

    14日正午すぎ、神奈川県茅ヶ崎市の沖合で体長およそ1.5メートルのサメが
    10匹ほどの群れで泳いでいるのが確認され、地元の4か所の海水浴場が
    遊泳禁止になりました。

    茅ヶ崎市などによりますと、14日正午すぎ、沖合を航行していた漁船から
    「サメが出た」と警察に通報がありました。警察がヘリコプターで上空から確認した
    ところ、茅ヶ崎市の海水浴場の沖合1.2キロほどの場所にある「えぼし岩」と呼ばれる
    岩場の周辺で、体長およそ1.5メートルのシュモクザメが10匹ほどの群れで
    泳いでいるのが見つかりました。
    このため茅ヶ崎市は午後0時55分に市内の海水浴場「サザンビーチちがさき」を
    遊泳禁止にしました。また、近くの鎌倉市にある材木座、由比ガ浜、腰越の3か所の
    海水浴場でも、午後1時半から遊泳が禁止されました。
    茅ヶ崎市の秋津伸一産業振興課長は、「お盆の週末でにぎわうなか、被害がなくて
    本当によかった。お客さんたちは残念だと思うがご理解いただきたい」と話していました。
    関東地方では今月に入って茨城県や千葉県の沖合でもサメが目撃され、
    海水浴場での遊泳が相次いで禁止されました。

     

    【 続きを読む 】

    578 : アウトドアな名無しさん : 2015/08/10(月) 12:30:43.20 ID:gEZEGHZA0
    昨今の有害鳥獣駆除依頼多発で銃猟は、猟期外でも行われるよ。
    地域によっては、駆除のほうが多い所もある。ところで渓流釣りで熊に遭遇したら
    どうしよう。アラスカみたいにマグナム拳銃持てないし。


    579 : アウトドアな名無しさん : 2015/08/10(月) 12:35:49.03 ID:uO9QVneX0
    >>578
    ビッグマグナムで対処しろ


    【 続きを読む 】

    1 : 孤高の旅人 ★ : 2015/08/11(火) 23:26:32.88 ID:???*
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000056-asahi-soci

    沖合でサメの目撃情報、海水浴場が閉鎖に 鹿児島 

    朝日新聞デジタル 8月11日(火)22時50分配信

    鹿児島市の磯海水浴場の沖でシュモクザメを10日に見たとの情報が11日、
    水上バイクを利用していた男性から海水浴場の監視員に寄せられた。
    鹿児島市は同日夕、海水浴場を閉鎖し、12日以降も安全が確認されるまで
    遊泳を禁止すると発表した。

    男性がシュモクザメを目撃したのは、海岸から百数十メートル沖にあるブイの
    さらに50メートルほど沖合で、体長は1・5メートルほどだったという。磯海水浴場は、
    1シーズンに2万人前後が利用する鹿児島県内有数の海水浴場。

    【 続きを読む 】

    1 : ムサシノ原人 ★ : 2015/08/10(月) 21:14:35.27 ID:???*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150810/k10010185011000.html
    8月10日 18時07分

    静岡県焼津市の沖合でサメが目撃され、焼津市と静岡市の合わせて2か所の海水浴場では、 

    10日から遊泳が禁止されています。

    焼津市によりますと、9日午後、静岡県から水難事故の捜索活動をしていたヘリコプターが、
    サメを2匹発見したと連絡が入りました。サメはいずれも頭がT字形の「シュモクザメ」で、
    体長は1メートル50センチから2メートルくらいあるとみられています。

    岸から1.5キロから2キロの沖合を泳いでいたということで、焼津市は念のため、近くにある
    浜当目海水浴場を10日午前10時から遊泳禁止にしました。また、隣の静岡市も駿河区の
    用宗海水浴場を、10日午後1時から遊泳禁止にしました。

    静岡県によりますと、この海域はシュモクザメが生息し、通常はあまり海岸に接近は
    してこないということですが、焼津市と静岡市は注意を呼びかけています

     

    【 続きを読む 】

    1 : アトミックドロップ(catv?)@\(^o^)/ : 2015/08/09(日) 10:25:02.97 ID:KOERJoly0 BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    サメ目撃の茨城、一部で遊泳解禁も客足戻らず

    茨城県鉾田市の海岸でサメが目撃された影響で、遊泳禁止になっていたひたちなか市以南の9海水浴場のうち、
    安全対策が取られたとして8日、鉾田市を除く4市町、8か所で禁止が解除された。
    ただ、県内屈指の集客力を誇る大洗町のビーチの海水浴客は、1週間前の土曜日の3割程度にとどまった。
    8日も鹿嶋市の沖合でサメ4匹が確認されたほか、一度張った網が流されていた場所もあり、依然として安全面、
    観光客誘致での対策が迫られそうだ。

     ◆鉾田は禁止続く
    夏休み真っ最中のかき入れ時とあって、各市町は7日から、防護網を張るなど安全対策を進めた。
    県観光物産課によると、ひたちなか市と大洗町の計4か所は午前8時から、神栖市の2か所は午前9時から遊泳が
    始まった。鹿嶋市の2か所は防護網の設置終了後、午後1時半に遊泳禁止を解除。鉾田市は波が高かったことから
    網の設置が間に合わず、8日も遊泳禁止が続いた。
    一方、午後2時半頃には、下津海水浴場(鹿嶋市)の約15キロ北にある鹿嶋市大小志崎の海岸線から50~100
    メートル沖合で、サメ4匹が確認された。

     ◆少ない歓声
    大洗町のサンビーチ海水浴場では、家族連れや学生らが詰めかけ、砂浜にシートやパラソルが並んだ。常陸大宮市
    から友人と訪れた大学2年川上淳さん(19)は「この日に海水浴を計画していたが、サメの話を聞いて砂浜で遊ぼうと
    思っていた。今日は天気も良くて波もある。やっぱり海に入れた方が楽しい」と声を弾ませていた。
    しかし、大洗町商工観光課によると、1週間前の1日に約1万9000人だった来場者は、約6500人にとどまった。
    サンビーチで海の家の店長を務める女性(22)は「町が対策をしてくれて良かったが、お客さんは半分以下になって
    しまった。県外のお客さんから『サメは大丈夫?』と聞かれるので、大洗までは来ていないと説明している」と話した。

     ◆求められる対策
    午前中は遊泳禁止が続いた鹿嶋市の海水浴場では午前11時頃、待ちきれない海水浴客ら数十人がひざ下まで海の
    中に入って遊ぶ姿が見られた。午後には禁止が解除されたが、客足は戻らなかった。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150808-OYT1T50168.html
    【 続きを読む 】

    1 : キングコングラリアット(大阪府)@\(^o^)/ : 2015/08/08(土) 11:33:57.34 ID:xbHlPBab0 BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

    茨城県鉾田市の海岸でサメが目撃され、沿岸5市町の海水浴場が遊泳禁止になった7日、ひたちなか市と大洗町は沖合に防護網を張るなど安全対策を進めた。

     両市町は8日に遊泳禁止を解除する方針。鉾田、鹿嶋、神栖の3市も対策を講じた上で海水浴場の営業再開を目指す。一方、7日午後には計16匹のサメが確認された。

     県警の警備艇は7日午前10時50分頃、鉾田市上沢と鹿嶋市武井釜で計2匹を確認。
    午後2時20分頃には、県防災ヘリが鉾田市汲上から鹿嶋市大小志崎の約5キロにかけて、波打ち際約50メートルで計16匹を見つけた。

     各自治体は、沖合に網を張るなどし、営業再開に向けて動き出した。
    ひたちなか市の阿字ヶ浦海水浴場では午後4時頃から、地元漁協の協力で、沖合約250メートルにある堤防の隙間3か所にシラス漁で使う網を張り、遊泳エリアを囲った。

     同海水浴場は8日に遊泳禁止が解除される見込みで、旅館と海の家の経営者(53)は「『遊泳禁止だからキャンセル料はないですよね』と言われてしまった。これでお客さんが戻って来てくれれば」と期待した。

     このほか、鹿嶋市は8日朝に網を設置し、午前9時のオープンを目指す。鉾田市も同日午後に網を張る予定。神栖市はサメが確認された場所から離れていることもあり、監視体制を強化した上で営業を再開する。

     県観光物産課は7日午後、沿岸8市町や県警などの担当者を集めた会議を鉾田市で開いた。
    4日以降、円滑に情報を共有できず、海水浴客や住民に不安を与えた反省から、今後は同課が情報をまとめ、関係機関に連絡することを決めた。

     

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150808-OYT1T50027.html

    【 続きを読む 】