アウトドアまとめ

アウトドアをテーマにしたまとめサイト。登山、キャンプ、BBQ、釣りにサイクリング、旅行からドライブをはじめ、ウィンタースポーツのスキー、スノーボード、ウオータースポーツのサーフィン、ダイビングまで、アウトドアのお役に立ちそうなスレッドをまとめています。

    カテゴリ:アウトドア用品 > リュック・バックパック

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/03/10(火) 23:22:20.008 ID:sND+yV9x0

    rucksack_backpack

    (´・ω・)これ
    https://i.imgur.com/RyshmAw.jpg


    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2020/02/18(火) 21:44:51.713 ID:Xo3pKgah0

    yamanobori_man



    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2019/09/16(月) 10:42:49.811 ID:qKgUn4NQ0

    05c459a0c7e2311a0453d25c1f4aa0c3_t

    なんLがいいかな?


    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2019/07/11(木) 22:33:05.995 ID:ClAk0U6k0

    1853aaf44f70531e12ddef0979b344cd_t

    オスプレー?ぐれごりー?


    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2019/04/04(木) 11:16:30.07 ID:SgcpUPX6d0404

    Blackjack_100_coyote_20

    くっそかっこええええええ
    でも100Lもあるから使う頻度がくっそ少ないわ

    壮大な無駄遣いや
    ちなこれ

    Blackjack_100_coyote_20

    https://www.mysteryranch.jp/Packs/detail/19761260/


    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/01(金) 08:08:13.947 ID:U20s7L9UM
    勝ったらその日一日幸せな気分で過ごせる
    no title

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/01/26(土) 04:09:07.69 ID:h+h67XA30
    今年一年頑張りたいんや!

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2019/01/26(土) 15:55:17.72 ID:tMUFn+9O0
    前に背負っても体積変わらんやん
    no title

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けばまとめ民 2018/11/17(土) 17:17:02.14 ID:CAP_USER
     「スーツにリュックサックを合わせるのはマナー違反」「周囲に非常識な印象を与える」――。最近、こんな意見が話題になった。

    一部メディアに掲載されたコラムが「スーツにリュックは非常識、合成皮革の靴もダメ」と批判的に取り上げ、Twitterではユーザーからさまざまな意見が相次ぎ、トレンドにも入った。「今どきは問題ない」という声も多かった一方、「スーツにリュックはダサい」「抵抗がある」「普通のかばんの方がいい」といった声もあった。

     ただ、書類やPCなど多くのアイテムを収納できる点や、両手が自由になる点など、リュックには一定のメリットがある点も事実だ。ビジネスシーンに適した、落ち着いたデザインのリュックを展開するメーカーも増えている。

     アリなのか、ナシなのか。NPO法人 日本サービスマナー協会に所属する専任マナー講師で、身だしなみに詳しい上田由佳子さんに、プロの視点からの意見を聞いた。

    「スーツにリュック」本当にマナー違反?
    ――「スーツにリュック」はマナー違反なのでしょうか。

    上田さん: スーツにリュックを背負った装いがマナー違反だとは、一概には言い切れません。若い世代で広がっていますし、アパレル関係やIT関係など、比較的寛容で個性を重んじる社風の企業では、不快に思う人は少ないようです。

     一方、高い年齢層の方には、リュックを受け付けない人は多くいます。伝統や格式を重んじる企業にもまだ受け入れられていません。上司や営業先の中には、不快感を示す人がいる可能性があるため注意が必要です。

    ――なぜ「スーツにリュック」は、上の世代や伝統ある企業から嫌われるのでしょうか。

    上田さん: 由来をさかのぼると、リュックは登山用に作られたものであり、2010年前後までは、ビジネス向けのモデルはあまり販売されていませんでした。スマートフォンが普及し、両手がふさがらない点が支持されて一気に広がりました。

     そのため、(スマホが普及する前から仕事を続けてきた)上の世代には、リュックに「登山用」とのカジュアルな印象を持ち続けている人が多く、ビジネスシーンで使っていると「仕事ではなく遊びに行くのか」と不快にさせてしまうようです。

     また、近年はしっかりした素材のビジネスリュックが出てきていますが、かつてはそうではなく、(ミーティングなどで床や椅子に)置いた際に形状が崩れてしまう点も、マナーが悪いとの印象を与える要因になっています。

     私個人としては、リュックを背負うとスーツにしわができてしまう点が、身だしなみ上の課題だと感じています。
    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000013-zdn_mkt-bus_all
    no title

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けばまとめ民 2018/12/20(木) 19:47:25.91 ID:CAP_USER
    満員電車の中でリュックサックを肩からかけたり背負ったりすることが、自分では気づかないうちに周囲の乗客の迷惑になることがある。ビジネスシーンにマッチする「ビジネスリュック」が人気を集めるにつれ、この「背負いリュック」を迷惑に感じる人も増えている。

    全国72社の私鉄が加盟する日本民営鉄道協会(民鉄協)が12月20日に発表した「駅と電車内の迷惑行為ランキング」によれば、1位は「荷物の持ち方・置き方」。2位は「騒々しい会話・はしゃぎまわり」、3位は「座席の座り方」という結果だった。

    ■背負いリュック、迷惑行為1位に

    「荷物の持ち方・置き方」は2009年には12位だったが、年を重ねるごとに順位を上げ、昨年は2位(11月5日記事『迷惑度「急上昇」、満員電車の背負いリュック』)、そして今回1位になった。

     また、「荷物の持ち方・置き方」の内訳は、「背中や肩のリュックサック・ショルダーバッグ等」が昨年は55.2%で全体の半分強だったが、今回は66.2%と全体の3分の2に迫った。

     ほかは「座席に置かれた荷物」が9.0%、「床(足もと)に置かれた荷物」が8.3%、「傘(濡れ傘・先端を向けられる等)」が6.1%、「乱暴なキャリーバッグの運び方」が3.9%などとなっている。

     背負いリュック問題が突出して高く、しかもあらゆる迷惑行為のトップに躍り出たわけだ。

     リュックを背負っていると、自分の後ろにいる人がどう感じているかはわかりにくい。満員電車であれば、「自分の前に立っている人のリュックがぶつかって痛い」と感じる人もいるだろう。

     民鉄協・総務広報部の富井裕広報主幹は、「混雑している列車に乗ったら周囲を見渡して、迷惑にならない持ち方を考えてみてほしい」と話す。JR西日本など関西の鉄道事業者は「車内でのリュックサックは、前に抱えるか網棚の上に置くなど、他の方のご迷惑にならないようお願いします」と呼びかけている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181220-00256542-toyo-bus_all
    no title

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/12/17(月) 15:03:56.19 ID:MwXsRL/y0
    一万以下でお願いや

    【 続きを読む 】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アウトドア名無しさん 2018/03/24(土) 07:50:18.096 ID:vqDiVQISd
    ec591a7792d733c38039fe76d86816c5_t
    前欲しがってたからいいよね?

    【 続きを読む 】